FC2ブログ

後付け

日記
04 /17 2017

23場面

日記
04 /17 2017
いつの間にか、外は暗くなっていた。としおがうとうとし始めた頃、話し合いは終わって、ボンと一緒に帰ることになった。 
その夜、としおは、初めて、とうさんが泣くのを見た。

22場面

日記
04 /17 2017
青空クラブの人は、目にいっぱい涙をためていた。 
あなたは、この子が、どんなつらい目にあったか、想像しましたか?』
『どんな悲しい想いをしてきたか、考えましたか?』
『どうか、この子の心を想いやってください』

21場面

日記
04 /17 2017
『その子は、連れて行っては、なりません』 
青空クラブの人が言った。
『だって、うちの犬ですよ』
とうさんが、ボンの背中を撫でながら言った。

20場面

日記
04 /17 2017
青空クラブは、野良犬や野良猫を引き取り、新しい飼い主を探す仕事をしている。建物に入ると、一番奥にボンがいた。としおを見つけて、動けないのに、ちぎれるほど、しっぽを振って、立ち上がろうとした。 

19場面

日記
04 /12 2017
動物愛護センターで、教えられた、青空クラブへ、とうさんの車は、向かった。 
とうさん、お庭にボンのお墓を、作ってもいい❔
としおが涙をしゃくりあげながら、言った。

18場面

日記
04 /12 2017
『その犬は、もう、いません。あなたたちのように、犬を捨てる人が、いるから、私達は、悲しい仕事をしなければならないのです』 
愛護センターの所長さんが、つらそうな顔で言った。
『とうさん ボンはもう、いないんだよ!ひどいよ とうさん』
としおは 思いきり泣いた
『ひどい怪我をした黒い犬を 青空クラブの人が、動物病院へ連れて行ったけど、駄目だったろうね』ひとりの職員さんが、教えてくれた。

17場面

日記
04 /10 2017
としおが 
『ボンを 迎えに行こう』
と 言い出したとき、とうさんは、ウソをついたことを、打ち明けた。もう、1年も、経っているのに、ボンを必ず探し出すと 約束をして 島へやって来た。とうさんは、必死になって 島じゅうを、走り回った。漁師町から、マーケットやパチンコ屋まで クロ犬を尋ねて廻った。としおと、かあさんが諦めかけたころ、とうさんは、あの農家にたどり着いた。
『のらいぬが住み着いて、困って、動物愛護センターに、捕まえてもらったよ』

16場面

日記
04 /04 2017
とうさんは、東京での仕事が、うまくいかなかった。としおも、東京の学校には、馴染めなくて、イジメられた。
1年後、としおの1家は、元のうちへ、帰ってきてた。 

15場面

日記
04 /04 2017
3匹は動物愛護センターに運ばれて来た。
『黒い犬は、ひどい怪我だ。もう、駄目かも知れないね』『1週間の間に、新しい飼い主が見つからないと、処分される。こんなに暴れてると無理だ』 

14場面

日記
04 /04 2017
動物愛護センターがしかけた檻で、2匹ののらいぬが、捕まった。ボンは、動けない。 
『この2匹は暴れて大変だ。おいおい、おとなしくしてくれよ。』『ひどい怪我をしているのに、しっぽを振って、寄って来たよ』

13場面

日記
04 /04 2017
足の傷が痛くて、ボンは、歩けなかった。畑の中の小屋に隠れることに、なった。2匹が食べ物を運んでくれたが、傷は悪くなるばかり。そんなときに、農家の人に見つけられた。『のらいぬが住み着いているよ。畑を荒らされては、たまらん。動物愛護センターに捕まえてもらおう』 

12場面

日記
04 /03 2017
ボンが ケガを してからは 牧場までの 道は きつくて  近くのマーケットや駐車場で 食べ物を くれる 人たちを 頼った。
今日も マーケットで おばあさんが パンをちぎってくれた。
「クロちゃん ケガをしたのかい。 ホラ たくさん おたべ。」

11場面

日記
04 /03 2017
にげおくれたボンが
はしってきた くるまに はねられた

10場面

日記
04 /02 2017
さかなつりを しているひとの おべんとうは ひさしぶりの ごちそうだった

9場面

日記
04 /02 2017
2ひきののらいぬは、ボンを餌のあるところへ、連れて行った。牧場の牛の肥料は、たくさん食べられたが、あまり美味くなかった。 

yukihlko

はじめまして
田島征彦のHP
http://www.tajimayukihiko.com/
を管理している、
征彦の娘であり、周吾の妹のかの子(かのぼん)です。
 私は、15歳まで京都の八木町という丹波の山奥で幼少時代を過ごしました。
41歳になった今でも、あの頃の生活は大切な宝物です。
そして、父にとってもとても思い出深い日々であり、エッセイ「口丹波呑呑記」(飛鳥出版室)に丹波での日々を書いています。
 HPを作る話が出た時、一番に「呑呑記」が頭に浮かびました。
ブログの「おのころ島呑呑記」はここから取りました。
(2017年3月より「新・おのころ島呑呑記」)
おのころ島とは、田島家が10年前に移住してきた「淡路島」の別名です。

田島家に起こった珍事件や呑気な出来事を、子育てそっちのけで、2011年夏より住んでいる大阪より綴ってまいります。
~2011年からはしゅうぼんの妻あいさんも執筆に参加!!よろしくお願いします~
田島家:お父ちゃん(征彦) お母ちゃん(英子) ななぼん(菜々) しゅうぼん(周吾)とあいさん  かのぼん(かの子)・・・そして、婿殿たちや、姪っ子、甥っ子・・・