FC2ブログ

8場面

日記
03 /25 2017
3ひきは、おしりのにおいを かぎあって すっかり なかよしになった。
ちゃいろのいぬが いった。『まいにち たたかれて、しつけをされた。ひどくぶたれるから、かみつく くせがついたんだ。
ちかづいてきた こどもに 、かみついて おいだされたんだ』
しろいおおきないぬが いった。『ちいさいころは かわいかったんだよ。こんなにおおきくなっただけで すてられたんだ』

7場面

日記
03 /24 2017
海の方から、いい匂いがする。たこや小魚の干物が干してあった。近づいていったら、2ひきの のらいぬがいた。『こらーのらいぬに、うろつかれると 困るんだ!』おじさんに こわい顔で追い払われた。 

6場面

日記
03 /23 2017
何日も、何日も、ボンは としおを待っていた。 
雨の日は、寒くて 悲しくて、眠れなかった。
としおのことを 呼んで、一晩中泣いていた。

5場面

日記
03 /22 2017
ボンは 島へ取り残された。

4場面

日記
03 /22 2017
とうさんはボンを、島へ捨てに来た。 
とうさんは、ウソをついたのだ。

3場面

日記
03 /21 2017
引越しの前の日、ボンを車に乗せた。とうさんはボンを、友達に預けにゆく。とうさんの車は大きな橋を渡って、島へやって来た。 

2場面

日記
03 /21 2017
お給料が ぐーんと 上がるって、かあさんは大喜び。 
とうさんは、物凄く張り切っている。すぐに、東京へ引越しだ。
東京のマンションでは、犬は飼えない。友達ともボンとも お別れだ。 
としおには 悲しい春になった。 

のらいぬ ボン

日記
03 /20 2017
1場面
とうさんは、朝早くから 夜遅くまで、会社で働いている。
としおは 何日もとうさんの顔を見ていない。
とうさんは たくさんの仕事をして、東京本社の課長に決まった。

いよいよ、新作絵本の連載をはじめます。

日記
03 /02 2017
『のらいぬボン』
ひろってきたこいぬを『としおが、ちゃんと せわをするのなら、かっても いいよ』
 とうさんが、ゆるしてくれた。ボンというなを つけてくれたのも とうさんだ。

yukihlko

はじめまして
田島征彦のHP
http://www.tajimayukihiko.com/
を管理している、
征彦の娘であり、周吾の妹のかの子(かのぼん)です。
 私は、15歳まで京都の八木町という丹波の山奥で幼少時代を過ごしました。
41歳になった今でも、あの頃の生活は大切な宝物です。
そして、父にとってもとても思い出深い日々であり、エッセイ「口丹波呑呑記」(飛鳥出版室)に丹波での日々を書いています。
 HPを作る話が出た時、一番に「呑呑記」が頭に浮かびました。
ブログの「おのころ島呑呑記」はここから取りました。
(2017年3月より「新・おのころ島呑呑記」)
おのころ島とは、田島家が10年前に移住してきた「淡路島」の別名です。

田島家に起こった珍事件や呑気な出来事を、子育てそっちのけで、2011年夏より住んでいる大阪より綴ってまいります。
~2011年からはしゅうぼんの妻あいさんも執筆に参加!!よろしくお願いします~
田島家:お父ちゃん(征彦) お母ちゃん(英子) ななぼん(菜々) しゅうぼん(周吾)とあいさん  かのぼん(かの子)・・・そして、婿殿たちや、姪っ子、甥っ子・・・